重点課題 2 商品や店舗を通じた安全・安心の提供

健康と栄養

 セブン&アイHLDGS. は、肥満、糖尿病、メタボリックシンドローム、栄養不足など、健康と栄養への注目が高まっている中、お客様のさらなる健康志向に配慮して、食品の添加物の使用を低減し、栄養バランスがとれた食品を提供することに努めています。

 2020年5月、グループのプライベートブランド商品「セブンプレミアム」の新たな価値を創造するために、環境対応・健康対応・上質商品・グローバル対応の4つの柱で構成する、「セブンプレミアム コネクト宣言」を策定しました。具体的な施策として、栄養成分表示に「糖質」と「食物繊維」を表示(2019年9月~)、塩分・糖質を抑えた商品の開発、添加物削減の推進などを行っています。 セブンプレミアムの商品開発については、対象となる商品に最適なお取引先様とグループの商品開発部門でチームを組み、それぞれの専門家の情報やノウハウを結集させて商品を開発する「チームマーチャンダイジング」の手法を採用しています。このチームの中には、栄養や健康に関する専門家を抱えるお取引先様や、研究開発センターを所有しているお取引先様も含まれています。

  • SDGs3 すべての人に健康と福祉を

健康食品の一例

「セブンプレミアムそのまま飲める炭酸水プラス490ml」
難消化性デキストリン(食物繊維として)5gを含んだ、特定保健用食品

健康に配慮した商品の販売

 セブン‐イレブン・ジャパンでは、2018年3月より、全国のセブン‐イレブン店舗において、『カラダへの想いこの手から』のキャッチフレーズを採用し、「安全・安心・健康」にこだわった商品の展開を実施。2021年6月からは、「健康を意識した食事をとりたい」というニーズが高まる中、新たに「セブン‐イレブンの健康商品シリーズ」として食品表示基準に基づき、たんぱく質量、食物繊維量を訴求した商品や、1日に必要な野菜接種量の1/2以上を使用した商品に専用マークを表示しています。今後も品揃えを拡充していく計画です。

 また、イトーヨーカドーでは、栄養バランスに配慮した管理栄養士監修のお弁当を取扱っています。食物繊維、野菜などを加え、塩分、糖質などを減らし、使用する添加物を低減することで、よりお客様に配慮した商品を提供していきます。

  • 「健康日本21(第二次)」では野菜摂取量の目安値を1日当たり平均摂取量350gとしています。
  • レタス可食部215gを約1日分としています。

健康表示.png

セブン‐イレブン専用マークの例

健康シリーズ.png

セブン‐イレブンの健康商品シリーズ

管理栄養士監修のお弁当.png

イトーヨーカドー 管理栄養士監修のお弁当

栄養成分の表示

 セブン&アイグループでは、食品表示法で定められた「エネルギー」「たんぱく質」「脂質」「炭水化物」「食塩相当量」5項目の表示に加え、お客様からご要望の多い「糖質」「食物繊維」の2項目を積極的に表示しています。グループのプライベートブランド商品「セブンプレミアム」、セブン-イレブンのお弁当、おにぎり、サンドイッチ、惣菜、麺類、パン・ペストリーなどのフレッシュフード、イトーヨーカドーの店内で調理したお寿司、惣菜については、「糖質」「食物繊維」を表示しています。

 また、セブンプレミアムの一部商品については、任意表示である「飽和脂肪酸」「トランス脂肪酸」「コレステロール」などの表示も行っています。カロリーについては、お客様が商品選択時に目に付きやすいよう、多くの商品について前面に表示しています。

  • 任意表示商品で、かつ表面積が小さい一部の商品を除きます

saladChicken.png

パッケージ正面に糖質が大きく表示された例

「セブンプレミアム 糖質0gのサラダチキン」 

potatosalad_nutritionlabel.png

糖質・食物繊維が表示された栄養成分表示の例

「セブンプレミアム ポテトサラダ」

「セブンプレミアム セブンブレッド(6枚入)」の栄養成分表示

重点課題2の取り組み