社外からの評価・表彰

CSRに関する主な評価(2020年12月末現在)

セブン&アイHLDGS. は以下の構成銘柄に選ばれています。

DJSI Emblem_All Black.jpg

Dow Jones Sustainability Index:Member of DJSI Asia-Pacific.

「Dow Jones Sustainability Index」は1999 年に初のグローバルな持続可能性ベンチマークとして開始され、RobecoSAMとS&P DowJonesによって提供されています。当シリーズは経済・環境・社会の観点から、世界のリーディングカンパニーのパフォーマンス推移を測定しています。当社は、アジア・太平洋地域を対象にした「DJSI Asia Pacific」の構成銘柄に選定されています。

Logo_Screen_RGB_FTSE4Good.jpg

FTSE4Good Index Series はグローバルなインデックスプロバイダーであるFTSE Russellが作成し、環境、社会、ガバナンス(ESG)について優れた対応を行っている企業のパフォーマンスを測定するために設計されたものです。FTSE4Good Index Series は責任投資のファンドや他の金融商品の作成・評価に広く利用されています。当社も構成銘柄に選定されました。

Logo_Screen_RGB_FTSE_Blossom_Japan_R1.png

FTSE Blossom Japan Index はグローバルなインデックスプロバイダーであるFTSE Russellが作成し、環境、社会、ガバナンス(ESG)について優れた対応を行っている日本企業のパフォーマンスを測定するために設計されたものです。FTSE Blossom Japan Index はサステナブル投資のファンドや他の金融商品の作成・評価に広く利用されています。当社も構成銘柄に選定されました。

119112111531.jpg

2020_ESGLeaders_CMYK_v2.jpgMSCI ESG Leaders Indexes

MSCI ESG Leaders Indexes は、環境、社会、ガバナンス(ESG)のESG 評価の高い企業群のパフォーマンスを表す浮動株修正時価総額加重指数です。当社はMSCI ESG格付け評価でBBB(AAA-CCCの基準で)の格付けを受けました。

セブン&アイ HLDGS.のMSCIインデックスへの組み入れ、およびMSCIのロゴ、商標、サービスマークまたはインデックス名の使用は、MSCIまたはその関連会社によるセブン&アイHLDGS.の後援、推薦またはプロモーションではありません。MSCIインデックスはMSCIの独占的財産です。MSCIおよびMSCIインデックスの名称およびロゴはMSCIまたはその関連会社の商標またはサービスマークです。

☆あり PSアワードロゴマーク2020_ゴールド.jpg

イトーヨーカドーは製品安全対策優良企業表彰※1において、 経済産業大臣賞を受賞。3度の受賞により2015年度に、総合スーパーとして初の製品安全対策ゴールド企業※2に認定されました。2020年度、ゴールド認定の更新が承認されました。

※1 経済産業省が、企業の製品安全に対する意識の向上や企業の枠を越えて、製品安全という重要な価値を共有する「製品安全文化」の定着を図り、社会全体で製品の安全が守られる社会の実現を目的として、2007年度より実施している表彰

※2 認定から5年経過ごとに認定時の取り組みが引き続き維持されているか、審査委員会によるフォローアップを実施

humanresource_2017_5.jpg

セブン&アイHLDGS. は、女性活躍推進法に基づき、女性の活躍推進に関する優良な企業として認定され、「えるぼし」の 最上位である"3段階目"を取得しました。「採用」「継続就業」「労働時間等の働き方」「管理職比率」「多様なキャリアコース」の5つの評価項目すべてにおいて認定基準を満たしています。同様に、イトーヨーカドー、そごう・西武、セブン銀行、セブン・カードサービス、セブン・フィナンシャルサービス、ニッセン、ニッセンライフにおいて「えるぼし」“3段階目”を取得しています(2020年2月末現在)。

humanresource_2017_8.jpg

セブン&アイ・フードシステムズは、女性の活躍推進に関する優良な企業として認定され、「えるぼし」“2段階目”を取得しています。また、2020年9月に、セブン-イレブン・ジャパンは「えるぼし」“2段階目”を取得しました。

11996145322.jpg

イトーヨーカドーは、厚生労働省より子育てサポート企業として「プラチナくるみん」の認定を受けました。「プラチナくるみん」とは、すでに「くるみん」の認定を受け、相当程度両立支援制度の利用が進み、高い水準の取り組みを行っている企業を表彰し、継続的な取り組みを推進するために創設された認定制度です。

kurumin2020.jpg

セブン&アイHLDGS.、セブン‐イレブン・ジャパン、ヨークベニマル、そごう・西武、セブン&アイ・フードシステムズ、セブン銀行は、厚生労働省より子育てサポート企業として「くるみん」認定を取得しています。

12034151434.jpg

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度です。セブン&アイHLDGS.とセブン‐イレブン・ジャパン、そごう・西武、ヨークベニマル、ヨークマート、セブン&アイ・フードシステムズの6社が、経済産業省と日本健康会議が共同で実施する「健康経営優良法人2020 ~ ホワイト500 ~」に認定されました。

humanresource_2018_6.jpg

重度の障がいがある方の雇用を促進するために設立した特例子会社テルベでは、2020年6月1日現在、22人の障がいのある方を雇用しています。テルベは設立から23年間、障がい者が働きやすい職場環境を目指し、ノーマライゼーションの実践に取り組んできたことが評価され、2017年に初めて実施された「障害者活躍企業」認証で、記念すべき第一号の認証となりました。

社外への賛同・参加

TCFD_logo_blue.png

投資家が気候関連のリスクと機会を適切に評価して投資判断を行えるように、金融安定理事会(FSB)が設置した気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言に賛同を表明しました。TCFD提言に賛同する日本企業や金融機関などが一体となって取り組みを推進するために設立されたTCFDコンソーシアムに参加し、より良い情報開示とステークホルダーとの対話のあり方について検討を進めています。

TCG-RE100-RGB_RE100 - Colour – Partner 2.png

環境宣言『GREEN CHALLENGE 2050』の重点テーマの1つに掲げているCO2排出量の削減目標達成にむけて、事業活動で使用する電力を100%再生可能エネルギーにすることを目指す国際的イニシアチブ 『RE100』に参画しています。なお、今回の参画に当たっては、持続可能な脱炭素社会実現を目指す企業グループである、日本リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)に支援を受けています。

2019年度の主な表彰

評価や賞の名称 主催者や授与団体 評価理由 対象

「準なでしこ2019」選定

経済産業省・

東京証券取引所

女性の活躍推進のための具体的な目標を設定し、グループ一丸となって取り組んでいる推進施策や積極的な女性管理職への登用が評価されました。 セブン&アイHLDGS.

「第68回(2019年度)

日経広告賞」環境部門

最優秀賞/環境大臣賞

日本経済新聞社

環境宣言「GREEN CHALLENGE 2050」で定めた、二酸化炭素(CO2)の排出削減をはじめとする4つのテーマと2050年の数値目標を具体的に掲示した「宣言型の広告」として高く評価されました。

セブン&アイHLDGS.

「PRIDE指標2019」シルバー認定

任意団体

「work with Pride」

LGBTなどの性的マイノリティに対する取り組みが評価されました。 セブン‐イレブン・ジャパン
「令和元年度やまなし省エネスマートカンパニー大賞」奨励賞

                    
山梨県 高効率空調機やCO2冷媒冷凍冷蔵設備の導入により、省エネ化と温暖化対策に努めたことと、太陽光発電を設置して自家消費し、電力使用量の削減を図ったこと、「省エネ重点6項目」を運用し、各店舗における省エネに努めたことが評価されました。 セブン‐イレブン・ジャパン
マザーズセレクション大賞2019

一般社団法人

日本マザーズ協会

セブンプレミアムゴールド もっちり食感金の食パン/セブンプレミアム セブンブレッド/セブンプレミアム しっとり食パンの3商品が、安全・安心を意識して、原材料にこだわった商品開発や、美味しく子どもにも食べやすいことなどが評価されました。 セブン‐イレブン・ジャパン
マザーズセレクション大賞2019

一般社団法人

日本マザーズ協会

化粧品の技術を応用して防腐剤を必要最小限に抑えたオリジナル商品『水99%Superシリーズ』が、新生児から使える赤ちゃんのおしりふきとして評価されました。 赤ちゃん本舗
第13回キッズデザイン賞

特定⾮営利活動法人

キッズデザイン協議会

「10/10 トツキトオカは赤ちゃんの日、赤ちゃんへの感謝の気持ちをあらわそう」と「ドレスオール肌着付き」が子どもたちを生み育てやすいデザイン部門で、「離乳食スタートからずっと使えるステップアップお食事セット」が子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン部門で受賞しました。

※9年連続受賞(通算受賞数25品)

赤ちゃん本舗
「令和元年かながわ地球環境賞」

神奈川県・

かながわ地球環境保全推進会議

ファミリーレストランなどにおいて、空調機、給湯器、調理器、照明などの高効率化を積極的に進め、全店舗のエネルギー使用量を把握・データベース化し、省エネ対策の効果測定や設備の更新計画策定などに活用していることと、外部の環境検定試験への全社員受験の推進など、社内環境教育にも力を入れていることにより、平成29年度のCO2排出量が基準年度(平成24年度)に対して約25%と大幅な削減を実現したことが評価されました。 セブン&アイ・フードシステムズ
「コンタクトセンター・アワード2019」オペレーション部門賞 株式会社リックテレコム コールセンタージャパン編集部 チャットボットとRPA(自動ロボット)を組み合わせた取り組みの改善実績が高く評価されました。 ニッセン