2021年11月

  • 7-Eleven, Inc. の成長戦略 俊敏な変化対応と店舗ネットワークなど基盤の強化を進め、さらなる成長へ
  • セブン&アイグループのサステナビリティ 食品ロス・食品リサイクルの取り組み お客様と一緒に課題を解決する これからの食品ロス削減
  • NEWS & TOPICS
  • パートナー企業とともに オフサイトPPA NTTアノードエナジー×セブン&アイグループ
  • こだわりの産地を訪ねて 顔が見えるお米 (イトーヨーカドー)
  • 2022年2月期 第2四半期決算概況

ごあいさつ

常にお客様の立場に立って、
新しい体験価値を提供し、
グローバル戦略を推進

井阪 隆一

セブン&アイHLDGS.代表取締役社長 井阪 隆一

 7月1日に発表した「中期経営計画2021‐2025」では、北米の7-Eleven, Inc. を中心とした海外コンビニエンスストア事業をグループの重要な成長戦略の主軸として位置づけ、「セブン‐イレブン」をグローバルブランドとしてさらに価値を高めていく方向性を示しました。私たちグループが拠って立つ「信頼される、誠実な企業でありたい」というグループ共通の社是を基盤として、「常にお客様の立場に立って、新たな体験価値を提供」するという基本姿勢、2030年に目指すグループ像として「セブン‐イレブン事業を核としたグローバル成長戦略と、世界トップクラスのグローバル流通グループ」となることを定めました。
 この実現に向け、セブン‐イレブン・ジャパンと7-Eleven, Inc. の共同出資による新会社7-Eleven International LLCをたちあげ、既存のエリアライセンシーへの支援強化、新規エリアへの出店加速化、 そしてスケールメリットを活かした商品調達や商品開発などへの取り組みを推進していきます。私自身、1990年から4年間、SEVEN-ELEVEN HAWAII, INC. の再建に取り組みましたが、 地域のお客様ニーズに立脚した商品・サービスの提供とそのためのバリューチェーンの構築は、国情や生活習慣などの違いを超えて、どの地域でも歓迎されるものと確信しています。グローバル展開においては、国内のお取引先の皆様にもご協力いただき、ともに新たな可能性を切り拓いていきたいと考えています。あらゆるステークホルダーの皆様にはいっそうのご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。