2021年8月

  • 中期経営計画 2021-2025
  • 決算概況
  • セブン銀行創業20周年 お客さまの「あったらいいな」を超えて、日常の未来を生みだし続ける。
  • セブン&アイグループのサステナビリティ セブン&アイグループの「サステナビリティ宣言」
  • セブン&アイグループのサステナビリティ 生産者を守って、持続可能な農業を未来にも イトーヨーカ堂
  • セブン&アイグループのサステナビリティ 多様な人財とともに成長する企業へ セブン&アイ・ホールディングス
  • 子どもたちのイラストで未来を幸せに 子供地球基金×セブン&アイ・ホールディングス
  • NEWS & TOPICS
  • パートナー企業とともに セブン-イレブンで入る 「ガン保険」

 

新たな中期経営計画のもと
企業価値の最大化を目指します

井阪 隆一

セブン&アイHLDGS.代表取締役社長 井阪 隆一

 当社は7月1日に2025年度を最終目標年度とする新たな「中期経営計画2021-2025(以下、新中期経営計画)」を発表しました。当初2020年4月に発表を予定していましたが、新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)の拡大および当社子会社の7-Eleven, Inc.によるSpeedway取得という、当社グループの業績見通しに大きな影響をもたらす案件が生じたため、その影響を計画策定に織り込んだことにより今回の発表となりました。北米の7-Eleven, Inc.を中心とした海外コンビニエンスストア事業は、当社グループにとって重要な成長の主軸となっており、新中期経営計画ではSpeedwayの取得効果を含めることで、グループの業績見通しの精度を高めることができたものと確信しています。
 新中期経営計画の推進を通じて、当社グループはグローバルな収益基盤をより強化するとともに、当社グループならではの多様な業態およびブランドを通じて培ってきたお客様との信頼関係を、DX(デジタルトランスフォーメーション)・金融戦略などによってさらに強化し、拡大していきます。そして、すべての取り組みの根幹にサステナブル(持続可能)な社会の実現に貢献する視点を据え、社会価値と経済価値の両立を追求してまいります。