中国コンビニエンスストア事業

安全・安心な商品づくり

 セブン⁻イレブン北京有限公司、セブン⁻イレブン天津有限公司、セブン⁻イレブン成都有限公司では、「食」の安全・安心に対する関心が高まる中国において、日本で培った品質管理・商品開発力を活かして、安全・安心な商品の提供に努めています。

SDGs3 すべての人に健康と福祉を

商品の品質管理

 セブン⁻イレブン北京・天津・成都で販売しているプライベートブランド商品は、原材料の選定に厳しい基準を適用しており、製造工場は日本への輸出経験があるなどの項目で審査して、品質レベルの高い工場を選定しています。

●品質マネジメントシステムの導入

 プライベートブランド商品のみを製造する工場では、食品安全管理の国際システムや日本の工場での対策を取り入れて品質管理を強化しています。セブン⁻イレブン北京・天津の製造工場である北京旺洋食品と香奈維斯工場では、同業他社よりも早い2017年1月にチルド食品の「SC(食品生産許可)」を取得しました。SCとは、それまでの「QS(食品品質安全)」から2018年10月までに切り替えて取得する必要がある食品製造に関する中国の法令です。また、キューズカフェ工場は2017年3月に、北京旺洋食品は2018年3月にHACCP※1を取得しています。 北京旺洋食品は、2021年11月からATPふき取り検査の実施を開始し、より安全・安心な商品製造に取り組んでいます。また、2021年10月からピロー包装機を追加導入し、これまで手包装で製造していたバーガーやロールもピロー包装に変更しています。 セブン⁻イレブン成都も、お取引先様に国内法令よりも厳しい独自基準への適合を依頼するととともに、店舗従業員にも定期的に品質管理に関する勉強会を開催し、安全・安心の確保に努めています。

●製造工程を自動化

 セブン⁻イレブン北京・天津・成都は、商品の味・品質をより安定させるために、製造工程の自動化を進めています。 セブン⁻イレブン成都に商品を供給する成都永利達食品有限公司では、2018年7月におにぎりの成型包装機械の導入を拡大し、2019年からは製麺機械を採り入れました。2020年には調理設備の増強を行い、品質の向上に加えて、まったく新らしい商品の提供を継続実施しています。北京旺洋食品は、2019年3月から本格稼働を始めた調理パン製造工場で、製パン工程や商品の包装を中心に機械化を図りました。 セブン-イレブン成都は、製造工場の工程自動化に続いて、商品の安全性確保に向けて冷却設備や場内冷却システムの増強を図り、商品の温度管理レベルと安全性の向上に資する活動に取り組んでいます。同時に、生産管理部門とセブン⁻イレブン成都の社員で勉強会を毎月実施し、商品の品質と安定性向上に努めています。セブン⁻イレブン天津は、2019年7月からコールドチェーンを利用したサラダを販売しています。

  1. ※1食品の衛生管理手法HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point:危害分析重要管理)

健康への配慮

 セブン⁻イレブン北京・天津・成都は、オリジナル商品の常温パンについて、心臓疾患のリスクを高めるといわれているトランス脂肪酸の"0(ゼロ)"を実現しています。また、2019年1月から、おにぎり・お寿司のアレルゲン表示を開始し、順次、お弁当・サンドイッチなどのデイリー商品に拡大しています。

 セブン⁻イレブン北京は、2021年度下期からサンドイッチとサラダで、カロリーのパッケージ表面への表示を開始したほか、2022年4月から砂糖ゼロシリーズの常温パンの発売を開始しました。今後は、植物肉を使用したサラダを発売する予定です。 さらに、セブン⁻イレブン天津は、2020年度下期から健康をテーマにして、雑穀ご飯などのお弁当や野菜を豊富に使ったサラダなどを発売しています。

お客様満足の向上

 セブン⁻イレブン北京・天津・成都は、お客様の立場で商品・サービスを改善するために、お客様の声の収集に努めています。お客様からいただいたご意見は日々、各部署や店舗へ共有しています。お客様のニーズの変化を把握し、商品に反映させるために、セブン⁻イレブン北京と成都では定期的にお客様へアンケート調査を実施しています。また、セブン⁻イレブン天津は、2019年9月に商品展示会を開催しました。展示会では新商品の試食や、今後のニーズなどに関するアンケート調査を行い、商品開発に活かしています。

 セブン⁻イレブン北京・天津・成都は、従業員の接客サービスを向上させることを目的とした研修を実施しています。 セブン⁻イレブン北京は、2019年度に全店舗の夜間帯の責任者を対象として、地域の責任者が講師となり接客教育を実施しました。セブン⁻イレブン天津は、2019年度に10回の研修に41店舗、72人が参加、接客の重要性やレジでの接客方法などを実際の事例をもとに習得しました。さらに、テストに合格した従業員には「接客スター」のバッジを配布しました。

 セブン⁻イレブン成都では、2021年度に接客レベル向上のための研修プログラムを実施しました。このプログラムは、トレーナーが店舗を訪問し、従業員のレジ接客レベルとファストフード商品の販売対応レベルなどを評価(0~100点)するというものです。課題がある店舗については、集中研修のほか、“TTT(Training The Trainer)会議” を開き、評価のフィードバックや情報を共有してレベルアップを図っています。また、個店ごとにトレーニング責任者を設定し、月単位で行った“TTT会議”で優秀店舗の事例や店内教育の方法などを共有しています。その結果、2021年度は全店舗でお会計時の接客レベルが向上し、ファストフードの販売金額が増加しました。2021年末には接客応対が優秀な個人5人と店舗3店舗を表彰しました。

 セブン⁻イレブン北京は、接客サービスの優れた従業員を表彰する「親和賞」を設け、3カ月に1度表彰しています。受賞者を会議などの場で表彰することでモチベーションの向上を図るとともに、その受賞理由となった事例を広く紹介することで模範事例の拡大を図っています。

セブン⁻イレブン成都の “TTT会議” の様子

地域社会との共生

 セブン⁻イレブン北京・天津・成都は、地域社会の一員として、それぞれの会社が社会貢献活動を実施しています。

SDGs10 人や国の不平等をなくそう

店頭募金による環境保全活動

 セブン⁻イレブン北京は、2006年11月から店舗に募金箱を設置してお客様からの寄付を募り、政府公認の環境保護団体「北京緑化基金会」に寄付しています。同基金会は砂塵被害や砂漠化対策として、市民の寄付をもとに木を植え、北京および周辺地域に砂防林をつくる活動を行っています。2018年度からはお客様に気軽にご参加いただける活動として、コーヒーをお買上げいただくと売上の一部を北京緑化基金に寄付する取り組みを開始し、2021年度は51,231元を寄付しました。

北京緑化基金への募金額の推移
2019年度

2020年度

2021年度
100,996元 49,410元 51,231元

子どもへの支援

 セブン⁻イレブン成都は、2013年から脳に障がいがある児童の暮らす「善工家園」を継続的に支援しています。2020年度は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響があったため、2人の従業員の有志を代表として善工家園を訪問し、生活用品などを寄付しました。2021年度もコロナ禍が続いたため、指定された従業員が代表として善工家園を訪問し、生活用品などを寄付しました。

セブン⁻イレブン成都による「善工家園」への物品寄贈金額
2019年度 2020年度 2021年度
2,000元 1,990元 1,891元
SEC_visit.jpg
「善工家園」訪問の様子

働きがいのある職場づくり

 中国での店舗展開を進めるにあたっては、現地従業員の育成・登用が不可欠です。セブン⁻イレブン北京・天津・成都では、従業員のコミュニケーション能力を高め、自ら考えて行動できる従業員の育成を目的に、各種研修の開催と能力を最大限に発揮できる職場づくりに努めています。

SDGs5 ジェンダー平等を実現しよう
SDGs8 働きがいも経済成長も
SDGs10 人や国の不平等をなくそう
従業員関連データ(2021年度)
セブン⁻イレブン北京 セブン⁻イレブン天津 セブン⁻イレブン成都
正社員(男性・女性) 338人(178人・160人) 154人(58人・96人) 145人(47人・98人)
パートタイマー 359人 75人 65人
障がい者雇用率 3.10% 3.05% 1.43%
従業員関連データ(2020年度)
セブン⁻イレブン北京 セブン⁻イレブン天津 セブン⁻イレブン成都
正社員(男性・女性) 336人(169人・167人) 158人(51人・107人) 168人(57人・111人)
パートタイマー 168人 151人 111人
障がい者雇用率 3.02% 4.40% 1.43%

能力向上支援

 セブン⁻イレブン北京・天津・成都では、本部と加盟店オーナーを結ぶ重要な役割を果たすOFC(発注や品揃え、従業員の教育面など経営全般をさまざまな角度から加盟店にアドバイスをする店舗経営相談員)候補者は、まずトレーニングストアで店舗勤務の経験を積み、「基本4原則」「単品管理」「従業員の採用・教育・作業割り当て・評価」「経営数値」などの基本的なことを学びます。

 セブン-イレブン北京は、OFCの育成期間を短縮するために、トレーニングストアの店長の段階でOFCの関連知識について研修し、テストを実施しています。従来の知識習得のほか、ロールプレイングも取り入れ、店長がOFCになりきって、加盟店オーナー役が提出した経営問題に対し、現場指導を実施します。同時に経験豊富なトレーナーと一緒に店舗を回って既存のOFC業務を経験します。また、OFCの育成効果と効率を上げるために、従来のトレーニング方法にオンラインプラットフォームを導入し、ケーススタディ、シミュレーション、勉強会、OJTなどのトレーニング方式を使って、重点育成対象である店長がより良くOFC業務を学習できるように取り組んでいます。OFCのテスト内容にもケーススタディやシミュレーションを導入し、学習した内容を仕事に活用できるようにしています。

 セブン⁻イレブン天津は、2019年度にOFCのアシスタントであるAFCの評価項目の見直しと、定量評価の仕組みを導入しました。従来の定性的な評価を改め、コミュニケーション能力など評価項目ごとに基準を明確化し、点数化して評価を行います。また、2021年3月から本部各部署からの集中トレーニングを毎週実施しています。OFCの業務知識を豊かにするために、店舗指導に関わる建築や財務、商品・運営などを知識を習得します。特に特殊な状況に置かれた加盟店オーナー様への返答方法や問題解決方法などを教育しています。さらに、2020年の下期より、店長会議において課題発表を実施しています。単品管理を主題とした発表を通じて問題点の分析力、解決力、検証力を向上します。信頼のおけるOFCとして、加盟店オーナー様へ円滑な説明を行うための事前教育を進めています。

 セブン⁻イレブン成都は、2018年度から新たに店長を対象とした研修を開始し、経営数値の分析や業務に必要なパソコン操作などの教育を実施しています。2019年度は、50人の店長向けに数値分析や従業員の育成、店舗管理の知識などの研修を12回実施しました。 2020年度は、直営店舗数の減少に伴って教育の中心を実習生と人材の選抜にシフトし、「人材プール」という概念を導入して、潜在力のある優秀な従業員の育成に注力し、レベルの高いOFCの育成を目指しています。

 さらに、OFCは毎週開催する全OFCが集まる会議の中で、会社の方針を共有するとともに、加盟店との円滑なコミュニケーションの図り方などの職務能力向上に必要な教育を実施しています。加えて、セブン⁻イレブン成都は本部社員向けに会社の体制や業務に関する法律・考え方のほか、ビジネスマナーやパソコン操作などを学ぶトレーニングを実施しています。

研修の様子

意欲を高めるための仕組み

 セブン⁻イレブン北京・天津・成都では、従業員の悩みを解決し、意欲を高めるためのさまざまな施策を実施しています。例えば、セブン⁻イレブン天津・成都では、従業員が希望する職種に応募できる「社内立候補制度」を導入しており、希望者と本部各部門や人事部などとの面接を通じて選抜しています。 セブン⁻イレブン北京は、新入社員の試用期間面談や考察期面談、契約更新面談、退職面談の制度化を促すなど、従業員の声を実際の業務改善に活かしています。そのほか、定年退職の会を催し、長年会社に勤めたことに対する感謝を表し、「従業員を大切に」する精神を表しています。

社員の意欲を高めるための仕組みの例

  • 従業員が会社に相談できる連絡窓口を運用
  • 社員に対する人事部門による面談
  • 新入社員に対する上司による面談
  • 従業員間の交流を深める社員懇談会
  • 意識アンケート調査
  • 優秀社員を表彰することで、ロールモデルを社員間に共有
SEC_retirementParty.jpg
定年退職会の様子

公平な評価・処遇

 セブン⁻イレブン北京・天津・成都では、毎月の面談評価と年間評価を組み合わせた評価制度を採用しています。毎月一次上長と業績達成度合いについて面談するのに加え、年1回、各自が自己評価を行った上で、一次上長、二次上長が評価と面談を行います。なお、毎月の評価は会社業績・部門業績と個人の仕事ぶりで評価しています。評価をする管理職に対しては、正しく部下の評価を行い、人材育成を図れるように教育を実施しています。

 評価方法は常に改善を図っており、セブン⁻イレブン北京では、社外の専門業者にご協力いただき、各職務に必要な能力の項目を見直しています。さらに、面談を年1回から四半期ごとに変更し、年度の業績目標を達成できるよう、定期的に進捗を確認するようにしました。2020年度はコロナウイルス感染症の影響で年間評価と面談だけを実施しました。重要な職位に対し、集中して面談を実施することで従業員が抱えている問題を把握し、アフターコロナの需要に合わせた業務調整を行っています。また、2021年度は年度業績評価と面談を実施するとともに、河北省の新地域進出に合わせキャリアプランに関するアンケートを取り、業務ニーズと個人意欲に合わせた新地域の事前計画を立案しました。

 セブン⁻イレブン天津では、2021年に本部と店舗のセルフチェックの仕組みと評価項目を見直し、公平・平等な評価基準できるように改善しました。例えば、直営店店長の評価では毎月の経営数値のランキングと基礎評価を組み合わせて、昇格・降格などの判断基準になるような仕組みを作っています。

 セブン⁻イレブン成都では、2019年度に組織変更と評価制度の変更を実施しました。2020年度からは管理職には四半期ごとに評価・面談を実施、管理職以外は毎月評価を実施しています。2021年度は既存の評価制度を実施するとともに、今後の評価に加える予定の業績などのKPIなどを設定しました。この評価は、2022年度に実施する予定です。

女性の活躍推進

 中国では、出産や育児に関する休暇を男女に手厚く与えるよう労働契約法で定められています。また、男女平等であり、女性は結婚後も働き続けることが一般的です。こうした法制度と実力本位の管理職登用が相まって、各社では女性の役職への登用が進んでいます。2012年には、初となる中国人女性董事がセブン-イレブン天津で誕生しました。2021年12月末現在、セブン⁻イレブン北京・天津・成都では、役員を除く管理職の約半数が女性となっています。また、2018年3月には、セブン⁻イレブン北京で新たに董事副総経理・董事へ、セブン⁻イレブン天津では董事に女性が登用されました。

インターンシップの実施

 セブン⁻イレブン天津と成都では、優秀な人材確保のほか、地域の人材の雇用、青少年の育成などを目的として、インターンシップを実施しており、高校卒業生の就職を促進する政府の「青年就職インターン基地」として認められています。セブン⁻イレブン天津では、2021年度は39人を受け入れ、そのうち4人がセブン⁻イレブン天津に就職しました。セブン⁻イレブン成都では、2020年度は14人を受け入れ、そのうち4人が2021年7月に就職しました。

環境負荷の低減

 中国政府は気候変動問題を重要視しています。北京市では年間のCO2排出量が5,000トンを超える企業は、重点的排出企業として業態ごとにCO2排出量の上限が定められ、超過する分については排出権の購入が必要になります。この制度の対象となるセブン-イレブン北京では、2019年度は店舗数の増加やチルドケースの増加によって全体のCO2排出量が増加したことで、上限排出量を超過したため、約14,000トンの排出権を購入しました。しかし、2020年度と2021年度はCO2排出量の上限には達しなかったため、排出権を購入していません。セブン⁻イレブン天津と成都は、店舗数の増加や冷凍・冷蔵設備の新規導入などにより、いずれも電気使用量は増加しています。

SDGs12 つくる責任 つかう責任
SDGs13 気候変動に具体的な対策を
環境関連データ
セブン⁻イレブン北京
  2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
店舗数 247 266 275 283 304
電気使用量(MWh) 25,702 26,537 29,773 24,251 25,171
水使用量(千m3 83 85 94 78 55


セブン⁻イレブン天津
  2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
店舗数 118 155 178 179 200
電気使用量(MWh) 10,077 14,814 20,051 17,552 17,898
水使用量(千m3 34 42 57 49 50
セブン⁻イレブン成都
  2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
店舗数 87 77 75 73 84
電気使用量(MWh) 7,892 11,137 9,720 7,631 8,491
水使用量(千m3 24 25 24 24 27

店舗における省エネ対策

 セブン‐イレブン北京・天津・成都では、3社とも全店でLED照明を店内照明として導入しているほか、冷気の流出を防止するためにウォークイン冷蔵庫へカーテンを設置するなどの省エネ設備の導入や、従業員の意識啓発などを通じて電気使用量の削減に取り組んでいます。また、セブン⁻イレブン北京・天津・成都は、ファストフード用保温ケースを変え、ファストフード用冷蔵ケースを導入し、機会ロスの撲滅や廃棄ロス削減を図りながら、省エネを実現しています。 セブン⁻イレブン北京は、2021年内に計66店舗でFF冷蔵ケースの導入を完成し、一日当たり1,485kWの省エネにつながっています。

 セブン‐イレブン北京・天津・成都は、2021年度に節電7カ条、節電9カ条の標識を全店に再案内し、店のバックルームで貼付して全店で実施を徹底し、全員の節電意識を高めています。また、不要な時間の電気の消灯やエアコンの電源オフを徹底しています。セブン⁻イレブン北京は、OFC(店舗経営相談員)向けの会議や商品展示会の場を通じて、OFCや加盟店オーナー様に省エネの徹底について情報共有を図っています。

製造工場の環境対策

 セブン‐イレブン北京と天津の製造工場である旺洋工場では、工場から出る不要な食材を養豚場の飼料に利用しています。同様に香奈維斯工場では、パン生地の残さを養殖場と契約して回収していただいています。また、両工場では汚水を排出しないように、行政の基準以上に清浄する排水設備の設置や廃油の回収を実施しています。そのほかにも大気汚染防止の観点から排煙の定期検査を実施しています。
 さらに、香奈維斯工場では、省エネのためにボイラーからの放熱ロスの削減を進め、ガスの使用量削減を図っています。

中国での取り組み