2020年3月4日

株式会社セブン&アイ・ホールディングス

ネットスーパーで注文した商品を自宅以外の場所で受け取れる3つの温度帯に対応した『受取りボックス』テスト運用を開始-3月4日(水)都内のセブン-イレブン2店舗へ設置-

株式会社セブン&アイ・ホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井阪 隆一)は、3月4日(水)より都内のセブン‐イレブン2店舗にて、国内初となる「冷蔵・冷凍・常温」の温度帯に対応した『受取りボックス』のテスト設置を開始いたします。
本取り組みは、事業者とお客様までを結ぶ最後の区間である「ラストワンマイル」の対応として実施いたします。お客様が『イトーヨーカドー ネットスーパー(以下、IYネットスーパー)』で注文した商品が、セブン‐イレブン店舗に設置された専用の『受取りボックス』内にて適切な温度で保管され、お客様のライフスタイルに合わせた時間にお受け取りいただく仕組みです。これにより、ご自宅で荷物の到着を待つ時間が不要となり、外出時や帰宅時にも 受け取れることでお客様の利便性が向上し、配達の効率化も図ることが可能となります。
当社は今後も、様々な業態を有するセブン&アイグループのシナジーを活かし、「ライフ・タイム・バリュー」の最大化を目指してまいります。


【今回のテスト概要】
◆ご注文対象店舗:イトーヨーカドー ネットスーパー西日暮里店
◆お受け取り店舗:セブン‐イレブン荒川南千住3丁目店、セブン‐イレブン荒川町屋5丁目店
◆スキーム内容:・お客様がIYネットスーパーにて商品を注文
        ・ご注文いただいた商品を店舗に設置された『受取りボックス』内に収納
        ・注文完了メール内に記載された「専用の番号」を『受取りボックス』の

         ディスプレイ画面に入力し扉を開け、商品をお受け取り


≪スキームイメージ図≫

以上