ハンバーガーメニュー

文字の大きさ:

このページを印刷する

トップ > 企業情報 > ニュースリリース > セブンプレミアムはよりお客様の健康を考える...

2019年9月27日

株式会社セブン&アイ・ホールディングス

セブンプレミアムはよりお客様の健康を考えるプライベートブランドへ パッケージの栄養成分表示をより分かりやすく見直し~安全・安心、健康への取り組みを“さらに推進”~

株式会社セブン&アイ・ホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井阪 隆一)は、現在、社会課題となっている“健康的な食生活の実現”への取り組みの一環として、セブン&アイのプライベートブランド「セブンプレミアム」の栄養成分表示について、栄養表示義務化の完全施行に先駆けて『食塩相当量』を表示し、さらに、『糖質』と『食物繊維』の表示を開始し、お客様が安心して商品を選んでいただける商品パッケージに順次変更いたします。
セブンプレミアムは、セブン&アイグループ共通のプライベートブランドとして、添加物の使用 低減や味・品質の向上に各メーカー様と共に取り組み、安全・安心でおいしい商品の開発を進めてまいりました。
昨今、課題となっている高血圧症や糖尿病の生活習慣病の増加に対して『糖質』や『食物繊維』を確認できるよう、セブンプレミアムパッケージの表示を変更してまいります。
またセブン‐イレブンのオリジナルフレッシュフード商品においても、これまでも取り組んできた添加物の使用低減に加え、セブンプレミアム同様、炭水化物に加え、『糖質』と『食物繊維』の表記対応を進めております。
セブン&アイ・ホールディングスは、社会・消費環境の更なる変化とともに、お客様ニーズの多様化が進む中、セブンプレミアムは進化し続ける「プライベート=プライド」ブランドとして、新たなステージに挑戦してまいります。


【 概  要 】


■セブンプレミアム

10218400.jpg

高血圧症や糖尿病の生活習慣病の増加等により関心が高まっている塩分については、成人男性で1日8g未満、成人女性で7g未満が目標値とされています(厚生労働省「日本の食事摂取基準」より)。栄養表示義務化の完全移行に先駆けて『食塩相当量』を表示いたします。

食塩相当量画像.png


より健康的に生活したいというニーズの高まりに合わせて、炭水化物、特に糖質と食物繊維への関心が高まっております。お客様の関心が高い『糖質』と『食物繊維』を表示いたします。

糖質食物繊維.png

■セブン-イレブンのオリジナル商品

おにぎり.jpg

食塩相当量の表示に加え『糖質』と『食物繊維』の表示を開始いたします。栄養成分表示(1包装あたり)熱量180kcal蛋白質4.7g脂質1.0g炭水化物38.7g(糖質37.6g 食物繊維1.1g)食塩相当量0.70g〈推定値〉





【その他の安全・安心の取り組み一例】(※9月15日現在)


■セブンプレミアム

特定原材料」だけでなく、推奨されている「特定原材料に準ずるもの」を表示。アレルゲン表示義務7品目に加え、推奨20品目に該当する原材料の有無まで表示。

アレルギー.png

一部商品では、トランス脂肪酸、飽和脂肪酸、コレステロールまで表示。

コレステロール.png

■セブン‐イレブンのオリジナル商品


2001年より、「特定原材料」だけでなく、推奨されている「特定原材料に準ずるもの」の表示を開始しました。アレルゲン表示義務7品目に加え、推奨20品目を表示。

アレルギー2.png




2018年より1日に必要な1/2の野菜が摂れるメニューやレタス1個分の食物繊維が摂れる メニュー等、もち麦や五穀米等、話題の食材を使った商品を新たにお届けしています。

カラこの.png

衛生管理・温度管理の徹底により、2001年から保存料を使用しない取り組みを実現。また合成着色料を使用しない取り組みも開始しました。

以上