セブン&アイの挑戦

時代の変化とともに革新を重ねて

バーニーズ ニューヨーク新宿店

ウエア、アクセサリーからステーショナリーまでバーニーズテイストでセレクトされた商品のみが並びます。

 私たちは、バーニーズ ニューヨークのオリジナルレーベル(商品)と欧米および日本のデザイナーブランドのファッション・雑貨を直営店で提供しています。私たちが最も大切にしているのは、1923年、マンハッタンに創業したバーニーズ ニューヨークが積み重ねてきたブランドとテイストであり、商品とともに接客や店舗、宣伝が一体となって生み出す独自の雰囲気やカルチャーの発信です。

 ブランドイメージを守るという意味でも、事業会社それぞれの独自性を大切にしているセブン&アイHLDGS. と提携できたことは、たいへん良かったと考えています。また、今回の提携についてアメリカのバーニーズ ニューヨークの経営陣も、セブン&アイというしっかりとした流通グループと連携できたことを歓迎しています。

「お客様の立場で考える」経営の基本姿勢に共通点

 現在、私たちはお客様一人ひとりのニーズにお応えするため、「One to One」ビジネスに力を注いでいます。これを実現するには、商品開発の強化とともに、お客様をより知ることが重要になります。その点ではお客様との接点となる実店舗からの情報は強力な武器になることは間違いありません。ただし、これらをすべて一から自前で強化するのでは時間がかかり過ぎます。このような現状の中で、セブン&アイとの提携は「One to One」ビジネスの実現を大きく加速させ、オムニチャネル構想の実現にも近づくと思います。
 「お客様のために」ではなく「お客様の立場で」というセブン&アイHLDGS. の考え方にはとても共感しています。また、「ご用聞き」サービスは、私たちの「One to One 」に通じるものです。
 こうした共通精神をもとに、私たちはセブン&アイHLDGS. の店舗網や物流基盤を活用し、きめ細かなサービスや、商品開発、顧客管理ノウハウなどの面では、セブン&アイHLDGS. のオムニチャネルの構想に協力できるものと考えています。両社が協力することで、今までにないまったく新しい形態の流通サービスを生み出せると、期待しています。

ブランド力の強化にプラスとなる提携

バーニーズ ニューヨーク新宿店

ウエア、アクセサリーからステーショナリーまでバーニーズテイストでセレクトされた商品のみが並びます。

 私たちは、バーニーズ ニューヨークのオリジナルレーベル(商品)と欧米および日本のデザイナーブランドのファッション・雑貨を直営店で提供しています。私たちが最も大切にしているのは、1923年、マンハッタンに創業したバーニーズ ニューヨークが積み重ねてきたブランドとテイストであり、商品とともに接客や店舗、宣伝が一体となって生み出す独自の雰囲気やカルチャーの発信です。

 ブランドイメージを守るという意味でも、事業会社それぞれの独自性を大切にしているセブン&アイHLDGS. と提携できたことは、たいへん良かったと考えています。また、今回の提携についてアメリカのバーニーズ ニューヨークの経営陣も、セブン&アイというしっかりとした流通グループと連携できたことを歓迎しています。

オペレーション力などグループに学ぶ点は多い

 今後、私たちがセブン&アイHLDGS. から学べることは、数多くあると期待しています。その一つは、セブン‐イレブンのオペレーション力です。1万6000店以上の店舗に、方針を迅速に徹底していくその力は驚異的です。現在、私たちは新宿、横浜、銀座、神戸、福岡の5店舗を擁していますが、各店舗とのコミュニケーションの強化が、大きな課題となっています。提携を通じて、店舗オペレーションやコミュニケーションのあり方などを学びたいと考えています。
 また、私たちは、お客様がオシャレを楽しめる場の提供だけではなく、生き方を含めて「日本の大人をカッコ良くする」ことが、私たちのビジネスだと認識しています。そのため、アートや音楽とのコラボレーションなど、魅力的な体験型のイベントを通じてお客様に感動や共感を持っていただくことが重要だと考えています。先進的なカルチャーを発信していくバーニーズとして存在感を高めていくことで、セブン&アイHLDGS. のブランディングに貢献していきたいと思います。
 今後、セブン&アイとは、新しい視点でシナジーを生み出していきたいと考えています。

  • 全3ページ
  • 1
  • 2
  • 3