ハンバーガーメニュー

文字の大きさ:

セブン&アイの挑戦

2020年5月

すべてを、未来へつなげていく。

~つなぐ、つながる、つながっていく~

セブンプレミアム コネクト宣言

セブン&アイグループ共通のプライベートブランド(PB)商品、「セブンプレミアム」が大きく生まれ変わろうとしています。そのコンセプトは、「セブンプレミアム」を通じて、お客様をはじめとするさまざまなステークホルダーの皆様とつながり、未来へとつながっていくこと。
すべての商品に「環境への対応」や「健康志向への対応」、「グローバルに認められる品質」という想いをいっそう強く込めて、これまで培ってきた技術の上に、さらなる改善を重ねながら「セブンプレミアム」は、より良い未来に強く広く“コネクト”していきます。

国内ナンバーワンPBとして

セブンプレミアム ロゴ。セブンプレミアム「進化し続けるブランド」,セブンプレミアム ゴールド「最上級のブランド」,セブンプレミアム ライフスタイル「暮らしを豊かにするブランド」,セブンプレミアム フレッシュ「安全・安心の生鮮ブランド」,セブンカフェ「上質な時間を提供するブランド」

 セブンプレミアムは2007年、おいしさ、安全・安心などの面で独自の高いクオリティを持つグループのプライベートブランド(PB)商品として誕生しました。チームマーチャンダイジングの手法を採用し、専門企業各社が培ってきたノウハウを最大限に活用するなど独自の商品開発に取り組み、一つひとつの商品を大切に育ててきました。また、10周年を迎えた2017年には多種多様な商品群を「セブンプレミアム」「セブンプレミアムゴールド」、日用品や衣料品分野の「セブンプレミアム ライフスタイル」、生鮮食品の「セブンプレミアム フレッシュ」「セブンカフェ」の5ブランドとして再構成し、セブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマート、そごう・西武など多様な業態のグループ店舗で販売。2019年度は4,150アイテム、1兆4,500億円の売上げとなり、名実ともに国内ナンバーワンのPB商品として成長し続けています。

時代の要請に応え続けていくために

 人々の価値観やライフスタイルは、高齢化や世帯人数の減少、共働き世帯の増加といった社会環境の変化を背景に大きく変化しています。中でも、相次ぐ大規模な自然災害や、新型コロナウイルス感染症の広がりもあいまって環境や健康への関心はさらに高まっています。こうした中、セブンプレミアムでは早くから法令に先んじて商品に製造メーカー名を入れるなどお客様に安心してお買い求めいただき、信頼されるブランドとなるための取り組みを進めてきました。また、各商品は、その発売時点から「変化するニーズ」を仮説に掲げて絶えずリニューアルを続けています。近年は、食品パッケージにおける栄養成分表示の工夫や、商品やグループ一丸で環境目標に挑戦する『GREEN CHALLENGE 2050』などにも取り組んでいます。
 さらに、セブン&アイグループは健康や環境など、持続可能な社会を目指していくためには、中長期的な視点で“セブンプレミアムが創造する価値”を再定義していく必要があると考えました。その指針としたのが、今年、創業100周年を迎えるイトーヨーカ堂が大切にしてきた「信頼と誠実」という創業理念です。

世界の人々と豊かさと幸せでつながり合う

 イトーヨーカ堂は、創業以来、商品やサービスを通じてお客様のニーズに応えるとともに、安全・安心や環境保全につながる活動などにも積極的に取り組み、お客様や地域社会、お取引先をはじめとするステークホルダーの皆様の日々の豊かさを次世代の確かな明日へとつないできました。
 このつながりをさらに深めていくため、セブン&アイグループは、2020年5月、セブンプレミアムの新たな価値創造として「環境対応」「健康対応」「上質商品」「グローバル対応」の4つの柱で構成する「セブンプレミアム コネクト宣言」を策定しました。一つひとつの商品に、これら時代に求められる4つの価値をつないでいくこと。その価値が世界のお客様やステークホルダーの皆様につながっていくこと。そして、未来にもつなげていくこと。この宣言には、セブン&アイグループが、セブンプレミアムを通じてこれからもお客様との接点を深め、世界の人々とつながりながら豊かさや幸せを分かち合う存在であり続けるという意思を込めています。

「セブンプレミアム コネクト宣言」イメージ図

「セブンプレミアム コネクト宣言」の4つの柱

もっと環境に配慮した未来へ

環境問題に向けた取り組みを、次世代につなげていく

 セブン&アイグループは、「CO2排出量削減」「プラスチック対策」「食品ロス・食品リサイクル対策」「持続可能な調達」を柱としたグループの環境宣言『GREENCHALLENGE 2050』のもと、次世代に向けた取り組みを加速させています。セブンプレミアムにおいては、世界初となる完全循環型ペットボトルを活用した飲料を実現したほか、衣料分野ではペットボトルを原料としたオリジナルのインナーを開発しています。

廃プラ問題を“シュパット”解決!?――エコバッグの提案

セブンプレミアム向上委員会サイト「シュパット」のご紹介

 セブン&アイグループは、廃プラスチック削減と7月からのレジ袋有料化への対策の一環として「セブンプレミアムライフスタイル シュパット コンパクトバッグ」を(株)マーナと共同開発し、3月から販売を開始しました。この商品は、両端を引っ張ると一気にたためてコンパクトにまとめられる(株)マーナのエコバッグ「シュパット」をベースに、「セブンプレミアム ライフスタイル」のオリジナル仕様を付加。たとえば、小サイズはお弁当と冷たい飲み物を分けて持ち運べるようにしたほか、手や肩にかけても痛くないよう持ち手を幅広に変更。また、コンビニでの少量のお買物からスーパーでのまとめ買いまで、用途によって選べる3つのサイズを用意しました。さらに、素材にもこだわり、「シュパット」で初めて、使用済ペットボトルなどの廃プラスチックを主原料とする再生ポリエステルの生地を使用。CO2排出量の削減に効果的とされるエコバッグそのものに再生素材を採用し、環境負荷の低減に取り組んでいます。

未来品質「セブンプレミアム」

専門店のおいしさ・品質を、毎日の食卓につなげていく

間もなく発売10周年を迎える「セブンプレミアム ゴールド」。

 セブンプレミアムのおいしさや品質の高さは、商品開発から原材料調達、加工、包装、生産まで、商品づくりに関わるすべてのプロセスにおいて高い技術とノウハウを持ったお取引先と共同で商品を開発・製造するチームマーチャンダイジングが支えています。2010年からは、ワンランク上のクオリティを持つ「セブンプレミアムゴールド」ブランドをスタート。上質な原料を使用して、高い技術を持ってつくり上げ、食卓に豊かさを提案しています。

もっと健康的な未来へ

健やかな心とからだを、明日につなげていく

 セブンプレミアムでは、健康をテーマにした商品を多数開発しています。また、パッケージ表示においても、アレルゲン物質の表示義務のない準特定原材料を含めた全27品目の有無を記載するほか、2019年からはナトリウム値を「食塩相当量」として、炭水化物を「糖質」と「食物繊維」に分けて表示するなど、お客様の日常生活に寄り添った商品開発・表示に努めています。

糖質ゼロのサラダチキン「糖質0(ゼロ)g」を商品名に入れ、よりわかりやすいパッケージに変更。

パッケージ裏面の原材料表示アレルゲン物質の表示に加え、一部商品では、トランス脂肪酸、飽和脂肪酸、コレステロールまで表示。

もっとグローバルな未来へ

日本のものづくりの心を、世界のお客様につなげていく

 セブンプレミアムは現在、中国・香港・マカオ、台湾、シンガポールのグループ店舗で菓子や加工食品、雑貨などを販売しています。今回パッケージ表面の英語表記を拡大することで、海外の方が見ても中身がわかるビジュアルに変更しました。販売にあたっては日本のパッケージデザインをそのまま採用。日本の品質をアピールすることでお客様に好評を博しています。

QRコードを活用して最新情報を発信

セブンプレミアム向上委員会サイト

 「セブンプレミアム向上委員会」は、セブンプレミアムの最新情報をお届けするサイトで、セブンプレミアムを活用したレシピ情報なども発信しています。また、セブンプレミアムの環境への取り組みについて、商品パッケージの裏面に表記したQRコードをスマートフォンで読み取ると、商品に関する情報が表示される機能も開始しました。環境ページは日本語を含む6カ国語に切り替え可能で、グローバル対応もしています。

※一部の商品は、QRコード表記対象外。

  • 全2ページ
  • 1
  • 2