ハンバーガーメニュー

文字の大きさ:

このページを印刷する

トップ > CSR > GREEN CHALLENGE 2050

GREEN CHALLENGE 2050 セブン&アイグループの環境宣言

セブン&アイグループが取り組むテーマ

セブン&アイグループは、これまで様々な社会環境の変化に、価値ある商品やサービスの提供を通じて対応し、豊かで便利なくらしの実現に努めてまいりました。その一方で、様々な環境問題や外部不経済等の社会課題が顕在化し、社会の持続的発展にはその解決が急務となっています。
このような現状認識に基づき、全国の店舗ネットワークとサプライチェーン全体で、さらなる環境負荷低減を推進し、豊かな地球環境を未来世代に繋いでいくため、グループ全従業員が一丸となって取り組んでまいります。

CO2排出量削減

LED照明や太陽光発電パネル、蓄電池の
導入による
省エネ・再生可能エネルギー等の活用で、さらなるCO2排出量の削減
に努めてまいります。

グループの店舗運営に伴う排出量

2030年の目標 30%削減(2013年度比) 2050年の目指す姿 80%以上削減(2013年度比)

自社の排出量(スコープ1+2)のみならず、スコープ3を含めたサプライチェーン全体で削減を目指してまいります。

プラスチック対策

プラスチックごみによる海の汚染が大きな問題となっています。
レジ袋やプラスチック製容器、等、一回の使用で捨てられるプラスチックの削減に努めてまいります。

プラスチック製レジ袋の使用量

2030年の目標 使用量ゼロ

使用するレジ袋の素材は、紙等の持続可能な天然素材にすることを目指してまいります。

オリジナル商品(セブンプレミアムを含む)で使用する容器

2030年の目標 バイオマス・生分解性・リサイクル素材・紙、等 50% 2050年の目指す姿 バイオマス・生分解性・リサイクル素材・紙、等 100%

食品ロス・食品リサイクル対策

まだ食べられるのに捨てられてしまう
「食品ロス」に関心が高まっています。
食品廃棄物の削減・リサイクルを
さらに推進してまいります。

食品廃棄物量 発生原単位(売上百万円あたりの発生量)

2030年の目標 50%削減(2013年度比) 2050年の目指す姿 75%削減(2013年度比)

食品廃棄物のリサイクル率

2030年の目標 70% 2050年の目指す姿 100%

持続可能な調達

お客様に安全・安心・便利で環境にも
配慮した商品を提供するために、
持続可能性が担保された食品原材料の
利用を増やしてまいります。

オリジナル商品(セブンプレミアムを含む)で使用する食品原材料

2030年の目標 持続可能性が担保された食品原材料 50% 2050年の目指す姿 持続可能性が担保された食品原材料 100%

目標は社会環境変化に応じて見直してまいります。