環境と
生産者を守る。
100年先も
美味しい食卓を
繋げていく話。

漁業資源の多くは、乱獲のため枯渇の危機へ。陸上でも多くの動植物が絶滅危惧にあり、人間の活動によって、種の絶滅は通常の1,000倍の速さで進んでいると言われています。当たり前に食べられている食糧が、近い将来食卓から消えてしまうかも。

未来を少しでも変えるために、
私たちができること

No.01

環境に配慮された
商品を選ぶ

環境保全を考えて生産された商品には、エコラベルがついています。これらの商品を積極的に購入することで、持続可能な調達につながり、今の日本の食卓を守っていくことができます。

No.02

生産者の保護に
つながる商品を選ぶ

環境だけでなく、生産者の生活や人権を保護することも同じくらい大切です。レインフォレスト・アライアンス認証ラベルがついた商品を購入することで、森林の保護や、農業生産者と森林地域に暮らす人々の暮らしの改善につながります。

セブン&アイグループの取り組み

国内で初めてMEL認証を取得

イトーヨーカドーでは、日本の大手小売業として初めて、環境に配慮し漁獲・養殖された水産物の認証制度である水産エコラベル「MEL認証」を取得しました。オリジナルブランド商品「顔が見えるお魚。」シリーズにMEL認証を付与し、生産現場から食卓までのトレーサビリティを確保するとともに、消費者の皆様が責任ある養殖業で生産された水産物を選択できるよう支援し、自然環境の保全と地域の人々の暮らしを両立させることを目指しています。

国際基準で承認された「MEL 流通加工段階(CoC)認証規格ver.2.0」を小売業で初めて取得

環境アクション
Copyright©Seven & i Holdings Co., Ltd. All Rights Reserved.