これからの
プラスチックとの
付き合い方。
美しい海を
守るための話。

道に捨てられたプラスチックごみは雨で流れて毎年800万トン*以上のプラスチックが海に流れついています。
この数はやがて海の魚の量よりも多くなると言われています。
*参考:環境省 令和元年版 環境白書より

未来を少しでも変えるために、
私たちができること

No.01

買い物をするときは
マイバッグを持参し、
レジ袋はもらわない

日本では毎年450億枚*のレジ袋が使われています。
毎日の生活で少しづつ減らしましょう。
*参考:環境省 中央審議会 専門委員会資料より

No.02

本体ボトルは繰り返し使用し、
詰め替え用を購入する。

プラスチックはとても丈夫で便利な素材。捨てずに使い続ければ、ゴミの削減につながります。
詰め替え用パッケージの素材も、再生PETを使用したものなど、環境に配慮した素材を選びましょう。

No.03

ゴミは所定の場所と時間に、
分別して出す

プラスチックはリサイクル可能な素材。
ルールに従ってゴミを分別して出すことで、リサイクルできるようにしていきましょう。

セブン&アイグループの取り組み

ペットボトル回収機を設置

セブン&アイグループの店頭にペットボトル回収機を設置し、年間で約3億3,000万本*ものペットボトルを回収。
回収させていただいたペットボトルは新しいペットボトルや肌着などに再生されています。
*2020年度実績

環境アクション
Copyright©Seven & i Holdings Co., Ltd. All Rights Reserved.