このページを印刷する

SEVEN-ELEVEN HAWAII, INC.

 2016年3月にSEVEN-ELEVEN HAWAII, INC.(SEH)は「Our Promise(私たちの約束)」をSEHが大事にする価値観の中に追加しました。この目的は「近くて便利なお店」という方向性を後押しし、企業文化を形作り、そしてSEHが大切にする価値観を強固なものにすることです。「Our Promise」は以下の3つの価値観から構成されています。

1、お客様・ベンダーパートナー・従業員に笑顔を

2、チームとして一丸となりゴールを目指す

3、さらなる高みを目指す

 「Our Promise」を推進させるために、優秀な従業員を評価する取り組みを開始しました。全従業員に、3つの価値観を実践している個人を推薦するよう奨励します。選出された人に、ピンバッジとボーナスを贈呈し、そのことを社内報と社内のポータルの中で紹介します。

 これらの価値観はSEHが地域・お取引先・従業員のためのビジネスであることを定義しており、この「Our Promise」を実践してからは、その内容が従業員の言動の礎となっています。

地域社会との共生

 良き企業市民として、SEHは子ども・教育・福祉・健康に関するNPOや活動を支援しています。2016年、SEHはお客様・加盟店・従業員・会社からの募金、物品提供、ボランティア活動などを通じて、金額換算で約4万ドル相当の支援を、58の団体に対して実施しました。

総額1万6,074ドル 被災地支援44% 地域サービス34% 健康・医療16% 地域サービス6%

クーポン券の販売を通じた社会貢献

 SEHは2001年から「リマ・コクアクーポン券」を、学校やスポーツチームなど非営利団体向けに販売しています。店舗で使用できるこのクーポン券を購入した団体は、第三者に販売することで利益を上げることができます。毎年65を超える団体がこの制度を利用しており、SEHはこのクーポン券の販売を通じて団体の活動を支援しています。2016年は35団体がこの制度を利用し、その多くが再注文となり好評を博しました。

SDGs17 パートナーシップで目標を達成しよう
SEVEN-ELEVEN HAWAII, INC.からNPO、学校、スポーツチームなどにクーポン100冊を300ドルで販売(1冊単価3ドル) NPO、学校、スポーツチームなどから第三者に販売(1冊単価6ドル)  ※購入団体がSEVEN-ELEVEN HAWAII, INC.の想定価格「1冊6ドル」で他社に販売した場合、1冊3ドルの利益が発生。

子どもへの支援

 SEHは2016年のクリスマスシーズンに子ども向けのイベントを開催しました。5歳から12歳の子どもにサンタクロース宛てに欲しい物を手紙に書いてもらうというもので、その手紙の受付を11月28日から12月9日まで全店で実施しました。各店で集めた手紙は本部に集約され、選定委員会での内容確認を経て、功徳性と道徳性の観点から特に素晴らしい手紙を選びました。33名の子どもが希望したプレゼントを手にしました。

 その中の3名はハワイ州の地元のイベントや個人を取り上げるテレビ番組に出演し、書いた手紙について親と一緒に紹介されました。そして、司会者がサンタとSEHを代表して、クリスマスプレゼントを子どもに渡しました。3名のうち一人の10歳の男の子は、1,000ドルを「ラウリマ財団」という家族向けの活動をする地元の団体に寄付したいと願った若き社会奉仕家でした。

 本イベントは受賞した子どもたちとその親、特に恵まれていない家族にとって非常に喜ばれるイベントとなりました。SEHはこのイベントを来年も開催する予定です。

地域の安全対策

 SEHはホノルル消防庁が毎年発行する安全手引書の普及に協力しています。手引書の中には家庭での火災時の安全確保策が盛り込まれており、小学生に配布されます。2016年は、火災予防運動週間である10月9日から15日に学校での配布が開始されました。先生も親も、子どもと一緒にこのガイドブックを見て、最終ページに署名することが奨励されています。このプログラムの動機づけとして、地元企業のクーポン券が挟まれています。SEHは、スラーピー1杯購入につき、もう1杯を無料でもらえるチケットを提供しました。このチケットは毎月平均500枚が使用されています。SEHは今後もこの活動を通じて、人々の命を救うことを支援していきます。

環境負荷の低減

 SEHは電気使用量を削減する「エネルギー・スマート・プログラム」を2012年から実施しています。2015年までに店舗設備で最も電気使用量の多い空調には基準温度を設定したり、冷蔵・冷凍設備にLED照明とインバーターを設置したりしました。また、節電意識を高めるため、従業員には環境教育を行いました。

 このスマートプログラムの延長として、2016年はハワイ州の都市「ヒロ」にある全7店舗での電気使用量の削減に取り掛かりました。これらの店舗では、コンデンサーの過剰な熱が空調効率を低減させ、またオープンケースやスラーピーマシーンなどの設備機器に負荷をかけていました。こうしたことが、不必要な電気消費と度重なる機器修理の原因でした。この解決方法として、リモートコンデンサーを屋根に設置しました。これにより、店内に熱が入ることがなくなり、快適な店内温度になりました。7店舗の平均で、毎月の電気使用量が昨年に比べて592KWh下がりました(昨年比89%)。

こうした取り組みの結果、2016年の全店の電気使用量は前年と比べて98%となりました。

SDGs13 気候変動に具体的な対策を

SEVEN-ELEVEN HAWAII, INC.の店舗数と店舗運営に伴う環境関連データ

2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
店舗数 59 59 60 63 63
電気使用量(MWh) 18,079 17,848 18,246 18,399 18,097
水使用量(千m3) - 48 44 46 46

北米での取り組み

7-Eleven, Inc.についてはこちら

page top

PAGE TOP