このページを印刷する

重点課題 5お客様、お取引先を巻き込んだエシカルな社会づくりと資源の持続可能性向上

お取引先行動指針の運用強化

 セブン&アイHLDGS. は、お客様に安全・安心な商品を提供し、お取引先と協働で人権・労働・環境面などの社会的責任を果たしていくため、お取引先行動指針の運用を強化しています。

お取引先行動指針の徹底

 セブン&アイHLDGS. は、2007年に策定した「セブン&アイHLDGS. お取引先行動指針」を、2017年4月に「セブン&アイグループお取引先行動指針」(以下、本指針)として改定し、お取引先に本指針への理解と遵守をお願いしています。本指針の趣旨は、グループで取り扱っている商品・サービスの安全性と品質の確保だけでなく、サプライチェーン全体の法令遵守、環境保全、労働条件への配慮などを推進し、お取引先の皆様とともに社会的責任を果たすことです。本指針については、グループ各社のお取引先とのさまざまな会議を通じて周知を図っています。

SDGs7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
SDGs8 働きがいも経済成長も
SDGs10 人や国の不平等をなくそう
SDGs12 つくる責任 つかう責任
SDGs13 気候変動に具体的な対策を
SDGs15 陸の豊かさも守ろう
SDGs16 平和と公正をすべての人に

セブン&アイグループお取引先行動指針(抜粋)

  1. 1. 法令遵守
  2. 2. 人権の尊重
  3. 3. 雇用・職場環境
  4. 4. 地球環境の保全
  5. 5. 地域社会・国際社会との関係
  6. 6. 情報管理
  7. 7. 商品の安全確保のために
  8. 8. 公正な取引
  9. 9. 知的財産の保護
  10. 10. 輸出入取引管理
  11. 11. サプライチェーンへの展開
  12. 12. モニタリング
お取引先へのお取引先行動指針の説明会の様子

「セルフチェックシート」による指針遵守

 セブン&アイグループでは、お取引先に本指針をご理解いただき、実効性のあるCSRの取り組みに役立てていただくことを目的に、本指針の遵守に必要な具体的事項を明記したお取引先向けのセルフチェックシートを運用しています。
 このチェックシートは、「ISO26000」「経団連企業行動憲章」「OECD多国籍企業行動指針」などを参考に作成し、グループ共通の戦略商品であるプライベートブランド「セブンプレミアム」およびセブン‐イレブンのオリジナルデイリー商品のメーカーと配送センター、イトーヨーカドーの海外直輸入のお取引先に対して年に1度提出をお願いしています。このチェックシートの運用を通じて、お取引先のCSRの取り組み状況を把握しています。
 チェックシートでは、法令違反がないこと、工場で働く人が相談できる窓口の有無、自社の取引先に本指針への遵守を求めているか、労働組合の設立を禁止していないか、といった61項目の質問にご回答いただいています。また、その工場が取得しているCSRに関連する規格名(SA8000、BCSI、SMETA、ICS、ICTI、WRAP、EICC)についても確認しています。
 なお、このセルフチェックシートの回答は、データベース化し、仕入担当者はお取引先のCSRの取り組み状況も参考にして、取り引きの継続を判断しています。

セルフチェックシートの項目(抜粋)

  1. 1. 法令順守
  2. 2. 人権・個人の尊厳の尊重
  3. 3. 雇用・職場環境
  4. 4. 環境管理
  5. 5. 地域・社会との関係
  6. 6. 情報の管理
  7. 7. 商品の安全確保
  8. 8. 公正な取引
  9. 9. モニタリング

(「本指針の遵守を証明する文書・実施記録を作成し、適切に保管しているか」を問う)

「お取引先行動指針」運用の流れ(例:「セブンプレミアム」の場合)

1.セブンプレミアム開発チームからお取引先の製造工場に、お取引先行動指針の遵守要請とセルフチェックシート提出のお願い 2.お取引先の製造工場からセブン&アイHLDGS.CSR統括部に、セルフチェックシート提出 3.セブン&アイHLDGS.CSR統括部から第三者審査機関に、監査依頼 4.第三者審査機関からお取引先の製造工場に、監査実施 5.第三者審査機関からセブン&アイHLDGS.CSR統括部に、監査報告 6.セブン&アイHLDGS.CSR統括部からセブンプレミアム開発チームに、監査結果報告 7. 6で問題があった場合、セブンプレミアム開発チームからお取引先の製造工場に、CSR活動についての改善のお願い

お取引先CSR監査の実施

 セブン&アイグループでは、2012年度よりセルフチェックシートの提出をお願いした一部のお取引先に対して、本指針への遵守状況を確認するCSR監査を実施しています。対象は途上国にあるプライベートブランド商品のお取引先の製造工場を中心に、年に一度監査しています。
 CSR監査では、チェックシートに基づき、独自に作成した監査項目(16の大項目と約114のチェック項目)に沿って、外部の第三者審査機関がお取引先の工場を監査しています。CSR監査の項目は、ISO26000の内容を基本とし、加えて本指針で定めた内容が遵守されているかどうかを以下の16の大項目で監査します。なお、この項目は国際労働機関(ILO)の定める国際労働基準の内容と同様です。以下はチェック項目の一例です。

CSR監査項目(16の大項目)

1. マネジメントシステムおよび規範実施
  • 組織は、セブン&アイグループお取引先行動指針の全ての項目に準拠したシステムを実行し、維持しなければならない。
  • 組織は、実現可能な場合、同指針を自社のサプライチェーンに拡大すべきである。
  • 組織は、関連する法令および国際条約などを把握し、遵守しなければならない。
2. 強制労働
  • 強制、拘束、あるいは、強要された囚人労働がないこと。
  • 雇用者に供託金あるいは身分証明書の提出が強要されておらず、妥当な通知を行った後、自由意思に基づいて退職することができる。
  • 強制労働に関する国・地域の法律が認識されていること。
3. 結社の自由
  • 作業者は、差別されることなく、彼ら自身が選択する労働組合に参加する、あるいは、結成する権利を有し、団体交渉権を有す。
  • 結社の自由に関する地域の法律や作業者の権利が認識されていること。
4. 健康および安全
  • 設備機械には安全保護策が施され、予防的なメンテナンス訪問が実施されていること。
  • 化学薬品の取扱い・保管が適切であること。
  • 全ての必要な防具(PE)は、購入され、定期的に交換されていること。
5. 児童労働および若年労働者
  • 児童労働をさせてはならない。
  • 児童および18歳未満の若年者は、夜間および危険な環境での就業はしてはならない。これらの業務には、化学物質を使用する、または、その近くでの作業、危険な機械、重労働、過度に騒音のある場所での業務を含み、夜間労働、長時間労働も含む。
6. 生活賃金
  • 残業手当は、法的に義務付けられた比率で支払われること。
  • 全ての法的義務のある手当や福利厚生は従業者に提供されること。
7. 労働時間
  • 作業者は習慣的に、48時間/週を越える労働が要求されてはならず、少なくとも、平均で7日ごとに1日の休日が与えられなければならない。残業は任意でなければならず、12時間/週を越えてはならない。また、習慣的に要求されてはならず、常に追加料金が支払われなければならない。
8. 差別
  • 採用、報酬、訓練授与、昇給、解雇、および、退職における、人種、階級、国籍、宗教、年齢、障がい、性別、配偶者の有無、性的指向、組合員、所属政党で差別されないこと。
9. 正規雇用
  • 可能な限り、国家法規制に基づいた、広く認められた雇用関係をベースに業務は実行されなければならない。
10. 下請け契約、家内工業、外部加工
  • 顧客との事前合意がない限り、下請契約は実施してはならない。
11. 懲罰
  • 身体的虐待、あるいは懲罰、身体的虐待の脅威、性的あるいはその他ハラスメントおよび、言葉による虐待、あるいは脅迫は禁止されなければならない。
  • 懲罰方法は公正で効果的であり、恣意的なものであってはならない。
  • 雇用者は、必要な懲罰行為に関連して、作業者の精神的・感情的・身体的健康への尊重をしめすこと。
12. 環境
  • 組織は、その環境パフォーマンスにおいて継続的改善を追求していかなければならず、最低限、地域の要求事項や国際法規制に準拠すること。
  • 国際条約または法規制で禁止されている化学物質を使用していないこと。
13. 公正な取引
  • 公正な取引に関連する法令を把握し、遵守していること。
14. 商品の安全確保のために
  • グループ各社に納入する商品において、該当事業会社から要請された品質基準および日本で定められている関連法基準を遵守していること。
15. セキュリティ管理
  • 悪意のあるアクセスから情報を保護するため、セキュリティの仕組みが導入されていること。
16. 地域社会の便益
  • 反社会的勢力との関係を断絶していること。

 監査する工場には、事前に通告したうえで訪問し、管理者や労働者へのインタビューによって、CSR監査項目の遵守の有無を確認しています。監査の結果、もし監査項目に適合しない事項(不適合事項)が発見された場合には、外部の審査機関より当該お取引先に対し不適合事項の指摘を行います。お取引先には、この指摘に基づいた「是正処置計画(CAP)」を監査終了後10営業日以内に審査機関に提出していただくとともに、直ちに指摘事項の改善に取り組んでいただいています。お取引先から指摘事項の改善完了の報告を受けた後、改善を示した写真・担保資料の提出などを受けて、改善完了の確認を行います。ただし、重大な不適合項目が多数発生する場合など、一定の基準を超えた場合は、再度工場を訪問し、再監査を実施することで問題の改善を確認しています。
 不適合の是正が完了しているか、またはCAPに記載された計画内容が有効であると審査機関およびセブン&アイHLDGS. が判断した時点で、お取引先には「適合認証書」を発行しています。

適合認証書

2016年度の監査結果

 2016年度は中国、ベトナム、タイ、インドネシア、カンボジア、ミャンマーなど13カ国、270工場に対してCSR監査を実施しました。その結果、全監査実施工場における本指針の平均遵守率は90%、再監査は28工場でした。改善が必要な項目の大半は、お取引先の工場のある現地での法律/法令の要求事項に対する認識不足、誤った解釈によるものが要因で、主な項目は、「労働環境」面、「安全・衛生」面、「許認可」面でした。監査終了後に各工場から提出される「是正処置計画(CAP)」、改善を示した写真・担保資料、さらに再監査などを通して、改善完了の確認を行いました。

2016年度の再監査になった事例

(問題があった項目は全て改善完了)

  • 無届けや法基準を超えた長時間労働
  • 有害化学薬品の誤った取扱い、保管
  • 無免許による機械操作、運転
  • 環境アセスメントの未実施
  • 未許可の廃棄物処理業者を使用
対象工場数 監査工場数 再監査率 再監査工場数
2012年度 374 17 5.9% 1
2013年度 29 20.7% 6
2014年度 256 11.3% 29
2015年度 322 322 9.6% 31
2016年度 270 270 10.7% 29
2017年度目標 211 211 5.0% 10

重点課題5の取り組み

お取引先行動指針の運用強化

持続可能な森林保全活動

持続可能な原材料の調達

エシカル消費の推進

page top

PAGE TOP